持参品リスト

 

a

a

 

トルコでは以前に比べほとんどのものが手に入るようになりましたが、品質、種類、機能性と価格が釣り合っていないという意見が多く聞かれます。こだわりがあるものは日本から持ってきましょう。トルコではバーゲン時期になると衣料品やキッチン用品などの価格が大幅に下がる点にも留意が必要です。

a

航空便、船便で送る場合は輸送できるものや数量などを業者に事前確認が必要です。また、電化製品はトルコの電圧(220V)に対応していないものは変圧器が必要になります。食品やコスメティック商品をはじめ個人輸入する場合も荷物の大きさ、内容物などによってトルコの税関で止まったり、面倒な手続きや高い手数料がかかることがあります。食品以外のもので、入手が難しい、困難、あるいは留意が必要なものを下記に記載します。必要なものは皆さまのライフスタイルにより異なりますので、参考意見としてご利用ください。

a

a

a

 衣料品

トルコは繊維生産大国なので、衣類全般、タオル、リネンなどほとんどのものは手に入りますが、機能性に優れた製品はあまり入手できません。

男性

ビジネスウエア

軽い素材、撥水性など機能性のものは少ない。

形状記憶型のワイシャツはない。

肌着・靴下

日本の方が品質が良い。

ヒートテックなど機能性インナーはない。

女性

ビジネスウエア

男性同様に日本で揃えた方が無難。

幅広、甲高タイプなどはない。

靴下・ストッキング

ストッキングは日本の方が安価で高品質。

子供

子供服全般

Mavi、Zara、Mango、H&Mなど多数のショップあり。

ウェストゴムタイプの種類はない。

肌着

ヒートテックなど機能性インナーはない。

ブランド品は日本より若干高く種類が少ない。

「瞬足」のようなタイプや日本の上履きはない。

乳幼児

衣料一般

Zara、H&M、Gapなどで調達可能。

トルコのアパレルブランドLC Waikiki、KOTONは手ごろな価格でデザインも豊富。

肌着

乳児:かぶらず着られる着物型の短肌着、長肌着は日本で調達。

幼児:ヒートテックなど機能性インナーはない。

海外メーカー、おしゃれ靴、長靴は日本の方が安価。

ガーゼハンカチ

調達不可。日本で調達。

授乳ケープ・授乳服

種類が少ないので、日本での購入を勧める。

だっこ紐

高価で種類が少なく、日本での購入を勧める。

ママコート

ダッカー付きは調達不可。

ベビーカー・バギー

道路事情が良くないので日本の軽量仕様のものはタイヤが壊れやすい。

その他

折りたたみ傘

デザインにこだわらなければ調達可。

軽量タイプのものはない。

日傘

トルコでは日傘をさす習慣がないので必要に応じて日本から持参。

a

a

a

キッチン用品・調理器具

食器

和食器 (ごはん茶碗・汁椀)

日本と同じようなものは調達不可。

洋食器はキッチンウエア専門店などで多数あり。

お箸・箸置き

日本と同じようなものは調達不可。

割りばしは調達可(子供用はない)。

調理家電

炊飯器

炊飯機能が付いた調理器はあるが日本と同じようなものは調達不可。

日本で海外仕様の購入を勧める。

ホットプレート

ホットプレートも鍋もできるグリル鍋はない。

炊飯器同様、日本から海外仕様ではないものを持参する場合は高い電圧に対応可能な変圧器が必要。

オーブントースター

パン用のポップアップタイプはあるが、餅を焼くタイプの横型オーブントースターはない。

かき氷器

日本と同じようなものはない。氷が砕けるミキサーは入手可。

その他

ワッフルメーカー、電子レンジは調達可。

ホームベーカリーは細かい性能にこだわらなければ調達可(Tefalなど)。

調理器具

包丁

高級ブランドの洋包丁は高価だが入手可。

スーパーに低品質な安いタイプあり。

ピーラー

縦型皮むきは日本のもののほうがよい。

おろし金・すり鉢

調達不可。

チーズ用のおろし金は調達可。

さいばし

調達不可。

卵焼きフライパン

調達不可。

オイルポット

調達不可。

その他

密閉容器

漏れるものが多く、種類が少ない。

こだわりがなければIKEAで調達可。

サランラップ

トルコ製のものが流通しているが、切れが悪いうえ熱に弱く臭いが気になることもある。

弁当箱・はし箱

2段の弁当箱、保温弁当、はし箱はないので日本での購入を勧める。

日本人学校ではお弁当が必要。

水筒

種類が少なく、ステンレスボトルは高価で日本の方が保温性が高い。

日本での購入を勧める。

保冷バック

保冷材、保冷バック、発泡スチロール箱などは、必要に応じて日本からの持参を勧める。

a

a

a

日用品

洗濯

洗剤

おしゃれ着用洗剤は入手不可。

洗濯ネット

日本の方が種類が豊富で安価。

ハンガー類

トルコでは折りたたみ式のランドリーラックが主流。

洗濯ばさみがついたピンチハンガー、パラソルハンガーはあまり見られない。

医薬品

全般

自分に合った使い慣れた医薬品(花粉症薬など)は日本から持参したほうがよい。

医薬品外

 

 

 

 

 

 

 

 

全般

歯ブラシ、綿棒、耳かき、爪きり、生理ナプキン、マスクなど使い慣れたものは日本から持参したほうが良い。

※トルコではマスクを使う習慣はほとんどない

カイロ

日本のものが安心。

うがい薬

日本と同じようなものはない。

のど飴

日本の方が種類が多く安価。

湿布

日本の方が種類が多く安価

冷却シート

トルコで入手不可。

除菌シート

トルコで入手不可。

洗顔用泡立てネット

トルコで入手不可。

化粧品

日本仕様のコスメは調達不可。

最初は日本から使い慣れたものを持参し、自分に合ったものを探すとよい。

その他

海外旅行用プラグ

海外出張や旅行用に必要であれば日本から持参を勧める。

ゲーム機器

日本の方が安価。

眼鏡・コンタクトレンズ

購入に眼科での診察が必要な場合もある。

コンタクトレンズは日本ほど種類は多くないが調達可。

スリッパ

日本での購入を勧める。

布団、枕

こだわりがなければIKEAなどで調達可。羽毛布団あり。

一般的なトルコの住宅にはセントラルヒーティング等の暖房設備があるため、冬も家の中は暖かい。

a

a

a

学用品

一般的な文房具はトルコでも入手可能ですが、日本のものの方が低価格で品質も高く種類も豊富。

文具・書籍

筆記用具

日本の方が種類が豊富、高品質、安価なため、日本での購入を勧める。

大きなマス目のノートは入手不可。

辞書

日本の方が種類が豊富で安価。

(日本語の辞書はない)

楽譜

種類が極端に少ない。

その他

ランドセル

トルコで入手不可。

上履き

日本と同じようなものは入手不可。

水着

Decathelon等で入手可能だが、気になる方は日本から持参を勧める。

a

a

a

スポーツ用品

トルコでメジャーではないスポーツ用品は種類が少なく、機能性や価格面でも日本からの調達が無難です。

例:野球・ソフトボール、ゴルフ、釣り、テニス、スキー


イスタンブールナビ

Copyright © The Japanese Society Of Istanbul - All Rights Reserved