新型コロナウイルス関連情報:モスクワ経由便の利用停止(第16報:3月26日16時現在)

 

 

 

 

 

●近々、トルコから日本へのアエロフロート便(モスクワ経由)が利用できなくなるとの情報がございます。

●アエロフロート便が利用停止されますと、トルコから日本への航空便は、基本的にカタール航空のイスタンブール発ドーハ経由東京(成田)行のみとなりますが、カタール航空便も急遽停止となる可能性があります(運行状況などについては、必ず各航空会社や旅行代理店などにご確認ください)。

●26日、安倍総理は、総理大臣官邸で第23回新型コロナウイルス感染症対策本部を開催しました。同会議において、カタール等からの入国者に対し、検疫所長の指定する場所での14日間の待機要請及び国内における公共交通機関の使用自粛要請を行うことが決定されました。
参考:首相官邸ホームページ(pdfファイル)
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/novel_coronavirus/th_siryou/sidai_r020326.pdf#page=10

●トルコからカタール経由で本邦に帰国した場合、上記に基づき、原則として検疫対象となります。ただし、一定の要件が満たされる場合には対象とならない場合があります。
 詳しくは以下の厚生労働省ホームページを参照ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00001.html#Q2-5

●短期渡航者、在留邦人で帰国を予定されている方、また健康状態などに不安をお持ちの方については、上記情報も踏まえ、出国が困難になる事態を防ぐため早期帰国を強くおすすめします。

●トルコへの渡航を予定されている方については、トルコへの入国拒否や予約していた帰国便の停止など、不測の事態も予想されますので、不要不急の渡航は止めてください。

●25日夜、トルコ保健省の発表によると、新型コロナウイルス感染者数2,433名、死亡者59名となりました。トルコにおける新型コロナウイルス感染は急速に拡大しております

●25日、トルコ教育省は小・中学校、高等学校に関し、休校措置を4月30日まで延長すること及び休校期間中も遠隔授業にて教育を継続することを発表しました。

●その他注意事項等については、当館からの以前の領事メールをご参照願います。
 https://www.istanbul.tr.emb-japan.go.jp/itpr_ja/kolonasondakika.html

●状況は極めて流動的なため、常に最新情報の入手に努めてください。

 

 

 

 

令和2年3月26日
在イスタンブール日本国総領事館
代表電話:0212-317-4600
FAX :0212-317-4604
メール:ryoji@it.mofa.go.jp
○総領事館ホームページ:https://www.istanbul.tr.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/ 


イスタンブールナビ

Copyright © The Japanese Society Of Istanbul - All Rights Reserved