領事館からのお知らせ

0

防犯の手引き

  a a a 防犯の手引き-在留邦人用 安全マニュアル a a   はじめに 国外で生活するに際しては、安全をいかに確保するかが大きな問題です。日本では「安全と水はただ」と言われていますが、国外では自分の身は自分で守らなければなりません。多くの国・ 都市と同様に、ここイスタンブールにも空き巣、スリ、置き引きなどの犯罪の被害に遭う在留邦人の方々がおります。そのような犯罪の被害 に遭わないようにするためには常日頃から注意を払う必要があります。この安全マニュアル「防犯の手引き」は当地で生活する邦人の皆様に、犯罪の被害に遭わないよう気をつけていただくために作成したものです。マニュアルは次の2つで構成されております。    安全についての基本事項及び防犯の基本的な心構え並びに具体的注意事項(下記参照)  安全のためのチェックリスト   また緊急連絡一覧表を作成しましたので、とっさの時に備え電話の横に貼っておくなど活用してください。この マニュアルに書かれていることすべてを実行することは実際には難しいことです。しかしながら、できることから少しずつ実行に移すよう な心構えで対処し、被害に遭わないように気をつけていただきたいと思います。安全確保には防犯面のみならず、当地の治安状況にも留意する必要があります。治安情報については外務省危険情報などでお知らせしておりますし、当総領事館でも必要に応じ適宜日本人会を通じたり、E-mailなどを通じてお知らせしておりますのでご利用下さい。日本人会会員以外の方で、E-mailでの配信を希望される方は総領事館領事班に登録をお願い致します。なお、不幸にも犯罪被害に遭った場合には総領事館までご一報いただきますようお願い致します。また、在留邦人の皆様におかれましては、邦人の方が巻き込まれたと思われるような犯罪や事故を見聞きした場合には是非とも当総領事 館までお知らせいただけますようお願い致します。皆様からいただく情報は貴重な情報であり、様々な形で在留邦人の皆様に情報提供したいと考えますのでよろしくお願い致します。       防犯(安全対策)の基本的な心構え    自分の身は自分で守る 日本は「安全と水はただ」と言われるほど治安事情が良い国といわれておりますが、海外では、「安全を守るには自らの努力が必要である」というのが現状です。「誰かが自分の 安全を守ってくれる」という発想を捨てて、「自分の身は自分で守る」という強い心構えが大切になります。    危機管理 事件、事故、災害に巻き込まれてからどうするかを考えても遅きに失します。危機管理とは、簡単に述べれば次のような対策・心構えをとることと考えられます。  事前:危機状態に陥らないように対応策を考え、講じておく  事後:危機に陥った後には、予め考えてあった対処法に応じて落ち着いて対処する    安全の為の三原則 次の三原則は安全な生活を送るためのものです。 これらは何気ないことのように思われますが、このような何気ない注意・気配りが身を守るのに役立ちます  目立たない 犯罪者やテロリストは目立つ人物に目標を定める傾向がありますので、目立たないようにすることが予防の一つです。必要以上に華美な服装、 装飾品を付けないようにするほか、公共の場(レストラン、バーなど)で大きな声で現地の悪口を言ったりしない、 政治、宗教、文化、習慣、生活環境などの批判をしないなど、現地の人の反感を買わないようにすることも大切で す。また、トルコでは建国の父アタチュルクへの批判は罪とされておりますので、この点にも十分注意する必要があります。  行動を予知されない 犯罪者にとって、行動がパターン化した人は一番狙いやすいといわれております。行動の一定パターン化(通勤、通学、買い物、娯楽、外食の 際の移動のルートや時間などの固定化)は、犯罪者やテロリストにとって攻撃計画を立てやすくしますので、移動の 際のルートや時間等なるべく不規則にして予測しにくくしましょう。  用心を怠らない 警戒心が薄い人は狙われやすいと言われます。到着当初は生活も慎重になり、安全にも気を配っていますが、日に日に当地での生活に慣れるに従って、警戒心が薄くなりがちです。警戒心が薄くなると、スキが生じ、スキを狙われて思わぬ被害に遭うことがあります。また、治安状況は短期間の間に大きく変化することがありますので、情報収集を怠らないように心掛ける必要があります。    防犯のための具体的注意事項:住居 住宅選定にあたって、主として防犯の面からの選定ポイントを説明します。 第一次防衛線 住宅の最も外側の外部との境界が第一次防衛線となります。集合住宅の場合、建物全体の出入口及び各建物、駐車場などがこれに該当します。住宅棟に 侵入するには主として次の出入り口があげられますので、これらの出入り口の管理が厳重になされているか注意します。裏口がある場合には裏口の管理状態も忘れずに確認しましょう。 地域の安全性 自宅の周囲が安全な地域…

0

在イスタンブール日本国総領事館の連絡先

        在イスタンブール日本国総領事館 Consulate General of Japan  Japonya İstanbul Başkonsolosluğu         Tekfen Tower 10th Floor,Büyükdere Cad,No:209,4.Levent,34394,İstanbul,Turkey  0212-317-4600  0212-317-4664(日本人用緊急連絡先ー事故、パスポートの紛失など24時間対応)  0212-317-4604  consular.section@jpcons-ist.com   www.istanbul.tr.emb-japan.go.jp/index_j.html  月~金9:00-12:00/14:00-17:00    

イスタンブールナビ

Copyright © The Japanese Society Of Istanbul - All Rights Reserved